hitois Activity Feed Feb. 18, 2019, 8:22 a.m. hitois.net //www.hitois.net urn:uuid: agxzfmhpdG9pcy1hcHByLAsSBFVzZXIiDWF0LmhpdG9pcy5uZXQMCxIIQWN0aXZpdHkYgICA6JmrmQsM He publicado una traducción.:CMの歌詞やセリフで動画検索できるのね - Auto Translator 2019-02-18 08:16:47 UTC <p>YouTubeって凄い、いや、Googleか。最近ふと「ダダーン、ボヨヨーン、ボヨヨーン」て思い出して、「ダダーン ボヨヨーン ボヨヨーン」で検索したら一発でダダンのCM動画がヒットした。</p> <p>凄いよGoogleって思って、じゃぁ「しんさいばーしーばーしばしー」で検索したら、ヒントになる記事はヒットするも、肝心の動画がヒットしない。残念。</p> <p>まぁ、斉藤由貴やからね〜、著作権の問題とかで出せんのやろうなぁと思う。「お米ギャラリー CM」でもヒットしなかった。</p> <p>こういう昔のCMの動画なんかは公開して欲しいよなぁ。</p> <p>僕はEarth music and ecologyの宮崎あおいが出てるCMが好きで、いつでも見れるのが嬉しいなぁ。</p> <p>なんかタイトルと内容があってない記事になってしまった。いつものことか。</p> agxzfmhpdG9pcy1hcHByLAsSBFVzZXIiDWF0LmhpdG9pcy5uZXQMCxIIQWN0aXZpdHkYgICA6NnnigkM He publicado una traducción.:hitoisを運営する上での理想と葛藤 - Auto Translator 2019-02-18 08:15:07 UTC <p>ヒトイスの夢は、ユーザーの価値をつなぎ合わせてより増幅することです。もちろんヒトイスへの投稿もできますが、その他のサービスへの投稿もすべてつなぎ合わせて、そのユーザーのあらゆる作品、仕事、知識、技術への入口となることを夢見ています。</p> <p>簡単に言えば、個人の辞典を作り上げるということですね。</p> <p>多くの人は自分の知識など対して価値は無いと思っているかもしれません。でも、そんなことはありません。一人のユーザーのある日のある出来事の記録が、多くの人に勇気を持たせたり、素晴らしい発想のヒントになったり、悩み解決の糸口になったりするものです。</p> <p>そして、個人の辞典は人類の価値やレベルを上げると信じています。多くのユーザーの記録が集まることで、文明とか、人の価値そのものを押し上げることが出来ると思っています。</p> <p>だから、僕はヒトイスの活動はとても崇高なことだと思っています。それで、ヒトイスは広告掲載をやめました。人類への慈善活動みたいなものだと考えるようになったのです(ちょっと偉そうな言い方ですね、偉そうにするつもりはないのですが)。</p> <p>ですが、僕も人間です。僕には二人の娘がいて、彼女たちの夢を手伝ってあげるのが僕のもう一つの夢です。</p> <p>上の子は釣りが好きで、今はブルックトラウト(マスの一種です)を釣ること、将来は大間のマグロを釣ることが夢だとか。プロのアングラーになりたいかどうかは分かりませんが、沢山の釣りの体験をさせてやりたいし、道具も揃えてあげたいです。</p> <p>下の子はスポーツやダンスが好きで、プロのバレリーナか、スケートボーダーになりたいと言っています。どちらもお金がかかりますが、お金が理由で諦めさせることは絶対にしたくないです。</p> <p>そういう訳で、僕にはお金にはならない夢と、お金がかかる夢があり、心の葛藤になっています。もちろん、ヒトイスに広告を掲載したところで大したお金にはなりませんが(笑。</p> <p>お金のために働かなくてはなりませんが、仕事をするとヒトイスに十分な時間がかけられないという問題が出てきます。</p> <p>正直これまでも、仕事とヒトイスの両立は難しく、ヒトイスのプロモーションに時間を掛けることができませんでした。先日「hitois Ad」をリリースしたことで、ヒトイスの開発は一旦落ち着いたので、これからはプロモーションに力を入れていきたいと考えています。</p> <p>でも、ヒトイスでやりたいことはまだまだ沢山あるんですよね。それは、ヒトイスを訪れる方、ヒトイスを利用される方に、もっとヒトイスを、いや、Webを楽しんでもらうための仕組み作りです。そういったものを考えていると、次々と試したいことが出てきて、仕事どころじゃないんですよね(&larr;ダメ人間なのかもしれません)。</p> <p>1月からはヒトイスとは関係ないアプリですが、お金になるものを1本作ろうと考えています。将来的にはヒトイスとも関連させれたら面白いなとは考えていますが。</p> <p>一番良いのはヒトイスがお金にもなることですね。そうすれば僕の夢は2つとも叶うのですが。贅沢だと言われるかもしれません。でもまぁ、ヒトイスの運営母体としているキノイスでお金になることが出来れば、それでも良いです。キノイスでの活動は私にとって楽しいものですから。</p> <p>あ、そうか、もう年末なので来年の目標を。<br />「ヒトイスのプロモーション活動を積極的に行う!」。</p> <p>もちろん抱負は、<br />「ヒトイスが有名なサービスになる!」、ですね。</p> agxzfmhpdG9pcy1hcHByLAsSBFVzZXIiDWF0LmhpdG9pcy5uZXQMCxIIQWN0aXZpdHkYgICA6IWMkgoM He publicado una traducción.:Las lágrimas de Aya parte 4 - Auto Translator 2019-02-18 08:11:51 UTC Después de eso, parecía como si la vida escolar tranquila continuara por un tiempo. Incluso si solo era un estudiante de último año en la escuela secundaria, me tomó un tiempo formar una banda y reunir a mis amigos, por lo que el primer incidente en el estudio fue justo antes del examen final. En realidad, de repente bajé del segundo semestre del segundo grado, gradualmente me convertí en un tercer grado. Además, en la prueba de mitad de período, el punto rojo fue una sucesión, la nueva prueba también fue mala y, de hecho, no pudo graduarse, la jubilación se confirmó. Me encuentro con mi padre todas las mañanas, pero he dejado de hablar. Bueno, hubo tal noche, sonó el celular. Cuando salí, era Aina-chan. Han pasado cinco días desde ese incidente. "Oye, Senpai ... no pude mantener mi curiosidad hoy, así que ... no me va bien con mis padres, ¿no puedes hacerme la oportunidad de conocer a Senpai ahora?" "¡Oh! Mucho tiempo sin ver, OK, OK OK, nos encontraremos frente a la puerta de entrada en la estación XX en la línea XX "Las palabras salieron rápidamente. Por supuesto, mi corazón sonó rápidamente. Pensé que el corazón saldría. Ya de mi padre, estoy como muerto. Salté a los ciclomotores tan pronto como salí de casa. ~ Continuar agxzfmhpdG9pcy1hcHByLAsSBFVzZXIiDWF0LmhpdG9pcy5uZXQMCxIIQWN0aXZpdHkYgICA6IWQgwoM He publicado una traducción.:Aulas excepcionales - Auto Translator 2019-02-18 08:11:34 UTC "Entonces, ¿qué querías decir sobre lo que dijiste?", Dijo Ayashi. En otras palabras, incluso si nada ha sido resuelto, incluso si algo se puso en el camino, simplemente intenté con fuerza pero la casa era pobre y aunque la ropa era el deseo de la hermana hermana, las chicas estudiantes de secundaria sienten que sienten pena por sentimientos como ese en ese momento Puede ser particularmente fuerte, pero ¿por qué? Estaba centrado en si no debería sonreír. No uso harapos tanto como lo hago. "Oh Taisho no es libre tanto para concentrarse en ese tipo de pensamiento, pero se siente como una buena sensación de sentimientos ricos no es nada como caminar en la ciudad con algo así como una cuestión de curso". Sin embargo, usted es un maestro ". ¡No me llames! No conozco mi verdadera pobreza. Lo reemplazo con mi cuerpo de forma más profesional desde ese punto de vista. Quiero decir También lamenté que hubiera una luna joven que había estado viendo. Aunque no lo quiero, estuvo cerca de no ser lo más posible, pero también hay cosas que me pueden decir que las personas realmente asombrosas no saben. "Este es el campo de lo más importante" dijo el Sr. Magokoro "Aunque he visto a la mujer fea de la tela, pero puedo felicitar la belleza de la cara cuando no puedo repararla o comprarla". Yo junté mis brazos. Exclusivamente, "Me gustaron las mujeres que tienen una gran cantidad de ropa, aunque se desvanezcan, especialmente porque eres pobre en este momento, no hay mucho para decir nada porque eres pobre en este momento". Incluso desde la infancia, cuando era extremadamente pobre, los calcetines estaban llenos de agujeros, pero ahora soy pobre, pero tengo un ojo descarado. "Bueno, está bien". Es por eso que entramos en la sala de profesores. Pensé que el muerto era bueno en mi tiempo libre. agxzfmhpdG9pcy1hcHByLAsSBFVzZXIiDWF0LmhpdG9pcy5uZXQMCxIIQWN0aXZpdHkYgICA6Pn4iQkM He publicado una traducción.:Voy a empezar un "diario de potati" - Auto Translator 2019-02-18 08:10:57 UTC <p> Han pasado dos meses desde que comencé a tener perros en casa. <br /> Hasta ahora hablé con mi esposa "Quiero tener un perro algún día". A partir de julio, no estaba pensando en mantener a los perros concretamente. <br /> Sin embargo, ahora me uní a un miembro de nuestra casa y me convertí en el centro del tema con mi esposa. <br /> Voy a escribir sobre mi vida diaria con mi perro "Potetchi" de ahora en adelante. </p> agxzfmhpdG9pcy1hcHByLAsSBFVzZXIiDWF0LmhpdG9pcy5uZXQMCxIIQWN0aXZpdHkYgICA6PnHnAoM He publicado una traducción.:構築型世界観箱舟合戦もしくは情報戦 - Auto Translator 2019-02-18 08:02:26 UTC 「おまえの持つ自己顕示欲を0%まで下げる事は可能である。つまりおまえが人と人の繋がりを持つという事を自分の頭の中から出ていかせさえすればいい。もうこの 家 に足を踏み入れた瞬間が それ は決まりついた事だから。犯人はいるよ。だって我々は警察組織だからね。君の夢みることは我々が皆そうしているように凍結させてもらう。だって皆そうだからそうなるんだもん。」「一体この家の地下はどれくらい広いのです?」「うん いい質問したね。プラハの大学の研究施設まで歩いていけるよ。そうだ!ドイツの 中央が危ないし危険だよ。まだそうなるまでに何十年間かあるんだけれども、僕らが政治に介入することは殆どない。巷間での大掛かりな殺しの犯人を特定するのが仕事です。」「自己顕示欲というか自分の人格を消したりして民間に秘密裏に紛れこむのでしょう?」「うん ところがこれはちょっと難しくて印象を他人に与えないというのは頭の中を空っぽというか 家族 の心配をないものにして 箱庭 を構築しなければならない 紹介 するよ」真っ暗な地面の感触がシューズの下の滑らかで粒子の細かい砂を感じる。足元に集中していると耳元で女の声がした。「つまり我々はおまえのこのみでも他人のこのみでもいいように平均的な女性を君に斡旋するコロン という名前です」と自分で自己紹介をした。顔が近くにあった。髪が少し僕の唇にあたるぐらい近かった。「おまえのこのみであろうとなかろうと結婚おめでとう。仲良くいつまでも仲良くしてね。」そうやって、最初のハウスでの任務は結婚の儀であった。しかし暗いので顔立ちがやにはにしかみえなかった。背が低い黒いスカートを履いた女だった。「マイホームを手配したから、カーテンはタータンチェックにしといたから。2階の部屋が二人の部屋だから。世話が多い分。 時間と時間は俺のです。つまり箱舟程度の自由を君に上げられるのだけれど、金が掛かっていてそれが血税であるという事実からその他の 世界 観 は 俺のものである。」 「あなたよろしくね」そうやって家路についていった。別々に。朝になって2階の部屋で挨拶をすました。「我々は小さく作られているの そうとても解り易く」コーヒーを二人で飲んでそれから別々のベッドに歩いていって横になった。田園のテント生活は僅か2日前の事だったがとても大昔のように感じた。 agxzfmhpdG9pcy1hcHByNgsSBFVzZXIiF2NoaWVub21hNzgwMC5oaXRvaXMubmV0DAsSCEFjdGl2aXR5GICAgICO15QKDA He publicado un artículo en el blog.:映画『バーニング』鑑賞 - 竹島八百富 2019-02-18 07:56:31 UTC 鑑賞してきました~( ^o^)ノ↑クリック↑う~ん、興味深い作品ではありましたが、私の処理能力が追いつきませんでした(゜´Д`゜)ゴメンナサイ。<img src="http://static.wixstatic.com/media/af8085_800baf234d0c4944b7e7f1872a440333%7Emv2.jpg/v1/fill/w_189%2Ch_267/af8085_800baf234d0c4944b7e7f1872a440333%7Emv2.jpg"/> agxzfmhpdG9pcy1hcHByNgsSBFVzZXIiF2NoaWVub21hNzgwMC5oaXRvaXMubmV0DAsSCEFjdGl2aXR5GICAgIDOnJwKDA He publicado un artículo en el blog.:キンドル・ホラー『厭モノ・怖モノ』惨 - 竹島八百富 2019-02-18 07:34:59 UTC ご購読ありがとうございます\(^_^)/(2018年7月)キンドル・ホラー第3弾です。こんなメールをいただきました。 「あの話の続きはどうなるのですか?」…『短編は長編の入り口です。』 その後のストーリーを展開するのは、貴方自身です。主人公を生かすも殺すも、貴方次第です。 貴方が次の長編ストーリーの作者になって下さい。 第1話『竹』…拓海と薫は半同棲生活を送っていた。しかし、拓海には本命の恋人がいた。そこで薫に別れ話を持ち掛けるのだが… 第2話『島』…ある日、海岸でメッセージ・ボトルを拾う。その中には、とんでもないことが掛かれた手記が…。書かれていることは真実なのか、それとも壮大な悪戯なのか… 第3話『八』…音大時代、鬼教師に言われた「八」という言葉。その言葉の真実が分かったとき…今、思い出しても悔しい! 第4話『百』…毎日、毎日イジメられている智。イジメっ子を消したい!そんなとき、ある老人が智の前に現れる。老人が言った。「百日間、百回のお祈りをすれば、必ず願い事は叶う。」智は、老人に言われたことを実行するのだが…<img src="http://static.wixstatic.com/media/af8085_41bcefe740e640d3a280504ef2f16240%7Emv2_d_2100_2800_s_2.jpg/v1/fill/w_289%2Ch_385/af8085_41bcefe740e640d3a280504ef2f16240%7Emv2_d_2100_2800_s_2.jpg"/> agxzfmhpdG9pcy1hcHByMQsSBFVzZXIiEnNhdG9ydW4uaGl0b2lzLm5ldAwLEghBY3Rpdml0eRiAgIC4ldGiCgw Agregué un video a la lista de reproducción de YouTube.:Thirty Seconds To Mars - City Of Angels (Official Music Video) - Satoru Nakamura 2019-02-18 03:30:11 UTC http://www.thirtysecondstomars.com Buy the new album LOVE LUST FAITH + DREAMS on iTunes: http://smarturl.it/LLFD Directed by Jared Leto "City of Angels" a short film by THIRTY SECONDS TO MARS, featuring Alan Cumming, Ashley Olsen, Corey Feldman, James Franco, Juliette Lewis, Kanye West, Lily Collins, Lindsay Lohan, Olivia Wilde, Selena Gomez, Shaun White, and Steve Nash. © 2013 Virgin Records. All Rights Reserved. Best of Thirty Seconds To Mars: https://goo.gl/c3H8id Subscribe here: https://goo.gl/QaW2fA #ThirtySecondsToMars #CityOfAngels #Vevo #Alternative #OfficialMusicVideo agxzfmhpdG9pcy1hcHByMQsSBFVzZXIiEnNhdG9ydW4uaGl0b2lzLm5ldAwLEghBY3Rpdml0eRiAgIC4lbzsCAw He publicado un artículo en el blog.:トランプが言う国境の壁について思うこと - Satoru Nakamura 2019-02-18 03:25:08 UTC <p>メキシコ国境に壁を作るお金があるのなら、そのお金を中南米の政治経済の安定化と、治安の向上のために使えばよいのにって思います。</p> <p>中南米が住みやすくなれば、難民はやって来ないし、ギャングも減るはずです。</p> <p>そもそも、なんのために壁を作るかがわからなくなってきています。<br />ギャングの侵入を防ぐためとトランプは言ってますが、ギャングはトンネルを掘ってアメリカに侵入しているそうです。壁は役にたたないということですよね。</p> <p>壁を作ることが来年の大統領選挙のためになっているとしか思えません。</p> <p>以前はアメリカは、世界の安定こそがアメリカの利益と考えていました。<br />それは間違いではなく、中南米が安定化すれば、アメリカの利益になります。<br />トランプはそのへんが全然わかってないですね。</p> <p>わかってないのは日本政府も同じですが。<br />いま日本には沢山の残留資格を持たない難民申請者がいます。多くはトルコからやってくるクルド人です。</p> <p>政府は難民の流入を恐れてほとんどの難民申請者を受け入れていません。</p> <p>しかし、トルコ国内が安定すれば、クルド人難民はやって来ないでしょう。<br />現在やってくる難民は受け入れつつ、世界の安定のために努力すれば、今のアメリカやヨーロッパ諸国のように国境が難民であふれかえるなんてこともなくなってくるはずです。</p> <p>日本は現在のアメリカを「保護主義の台頭」と言っていますが、日本なんて保護主義の代表ですよね。<br />政治家にはもっとオープンな思考をしてほしいものです。</p> agxzfmhpdG9pcy1hcHByMQsSBFVzZXIiEnNhdG9ydW4uaGl0b2lzLm5ldAwLEghBY3Rpdml0eRiAgIC45Z6xCgw He publicado un artículo en el blog.:アクアリウムのコーナーを作りたい - Satoru Nakamura 2019-02-18 03:11:20 UTC <p>メダカのおうちのサイトに、アクアリウムのコーナーを作りたくて、現在勉強中です。</p><p>以前少しアクアリウムにハマっていて、現在食卓の上に置いている水槽は、グロッソスティグマとショートへがグラスが生い茂る草原をダルマメダカが泳いでいるって感じに仕上げています。</p><p>ミナミヌマエビが元気にしているおかげか、苔はほとんど生えません。</p><p>ただ、過去の経験から言って、ソイルを使う以上、立ち上げから数ヶ月は茶苔、その後アオミドロというのは覚悟しています。</p><p>そういう経験も書いていけるアクアリウムのコーナーを立ち上げたいと考えています。</p> agxzfmhpdG9pcy1hcHByMQsSBFVzZXIiEnNhdG9ydW4uaGl0b2lzLm5ldAwLEghBY3Rpdml0eRiAgIC45fekCgw He publicado un artículo en el blog.:我が家で使っている端末 - Satoru Nakamura 2019-02-18 03:05:03 UTC <p>我が家では、私と妻がiPhone、長女がiPod Touch、次女がiPadを使ってファミリーイングリッシュを利用しています。</p><p>ファミリーイングリッシュは、家族で英語のフレーズを覚えていくことを目標にしているので、理想は家族全員が端末を持っていることです。</p><p>我が家の場合、次女はまだ端末を持っていません。</p><p>ですが、幸いにも家族で共有して使っているiPadがあったので、次女に使わせています。</p><p>iPadは長女が1日30分まで、次女が25分までと決めていて、次女はその25分を今までは漢字の勉強とYouTubeの動画を観ることに使っていましたが、今はそれに加えてファミリーイングリッシュで英語を勉強するようになりました。</p><p>ファミリーイングリッシュは、家族の誰か一人でもその日のフレーズを覚えていないと、次の日に新しいフレーズに進むことが出来ません。</p><p>ですが、誰が覚えていないかまでは提示しないようにしています。家族でコミュニケーションをとって、「昨日覚えた押した?」とか確認するようにしています。</p><p>我が家の長女の場合、やや反抗期に入ってきているのですが、ファミリーイングリッシュのおかげでコミュニケーションが取れる場合があります。</p><p>ファミリーイングリッシュはあくまで、家族で楽しく英語を学んでいくものとして開発しています。</p> agxzfmhpdG9pcy1hcHByNgsSBFVzZXIiF2hpbXVyb21hc2FraS5oaXRvaXMubmV0DAsSCEFjdGl2aXR5GICAgIC8up0KDA He publicado un artículo en el blog.:コミティアで出張編集部に行った話2 - ひむろまさき 2019-02-18 01:25:58 UTC <p name="xT3Ie">2/17に東京ビッグサイトで開催されたコミティア127でまたまた性懲りもなく出張編集部に吶喊してきましたので、その顛末を。(今回もまた有料noteです。ゴメンナサイ)</p><p name="yj75S">今回もサークルスペースにTwitterのフォロワーさんが遊びに来てくれて、差し入れを頂いたり、本を買いに行ったりしておりました。まあ、前回の関西コミティアで早く会場に行き過ぎたことを反省して、今回は少しゆっくり出発しましたが、それでも心配性なので、結局は予定していた時間より早く着いてしまったという・・・。</p><br/><a href='https://note.mu/himuromasaki/n/nb4978aafb02d'>続きをみる</a> agxzfmhpdG9pcy1hcHByLAsSBFVzZXIiDWF0LmhpdG9pcy5uZXQMCxIIQWN0aXZpdHkYgICA6NmZggsM He publicado una traducción.:Semi atrapado con los niños después de una larga ausencia - Auto Translator 2019-02-17 19:08:23 UTC <p> Por la noche, el niño menor quería ir al parque, así que fui al parque cercano. Había una amiga de una hija en el parque, y cuando jugaba bajo un cerezo, mi amigo encontró un oso atrapado en un árbol. </p><p> Tiene una red repelente de insectos, así que lo quiero para mí. Todos se sorprendieron si lo atraparon fácilmente. Parece que la semi captura es difícil para los niños. He estado tomando semi semi desde que era pequeño, por lo que puedo atraparlo con mis propias manos donde puedo alcanzar. </p><p> Los niños están emocionados, dicen que quieren que tome más insectos y los lleven. Tomando una melodía, atrapé a dos atrapadores, dos Abra Zemi, un Ninaisemi en una fila. Pasó mucho tiempo, pero mis brazos no están cayendo en absoluto. </p><p> Los niños parecían querer tomarlo solos, aunque luché mucho, no pude atraparlos. Fui respetado a pesar de mí mismo. </p> <p> Cuando atrapé cigarras y dije que escaparé al final de la manera adecuada, todos escaparon amablemente sin quejarse. Parece que el corazón del tratamiento de las criaturas está creciendo. Fue bueno y estuvo bien. </p><p> Los niños no sabían cómo comen las cigarras, así que me sorprendió contarte. Creo que se convirtió en una buena experiencia al ser tocado también por el misterio de la naturaleza. </p><p> Hoy fue un buen día. </p> agxzfmhpdG9pcy1hcHByLAsSBFVzZXIiDWF0LmhpdG9pcy5uZXQMCxIIQWN0aXZpdHkYgICA6LnalwsM He publicado una traducción.:Se agregó la función de distribución de música. - Auto Translator 2019-02-17 18:59:56 UTC Agregué una función para distribuir información de música como mi banda. Además de publicar información sobre actividades musicales como bandas y solos, también puede distribuir música cargando archivos MP3. Por favor apunta a un gran debut y entrega música. agxzfmhpdG9pcy1hcHByLAsSBFVzZXIiDWF0LmhpdG9pcy5uZXQMCxIIQWN0aXZpdHkYgICA6JnhkQsM He publicado una traducción.:セマンティックWebとの出会い - Auto Translator 2019-02-17 17:39:07 UTC <p>私がセマンティックWebという言葉を知ったのは、今から5年ほど前のことです。<br />仕事の関係で、図書のメタデータを管理するシステムの構築を手がけたのがきっかけです。&nbsp;</p> <p>当時はBlogが全盛で、また、データを探すのにはGoogleを利用するのが当たり前のようになっていました。<br />Googleは優れた技術でWebに溢れる膨大な情報から、自分が必要とする情報を絞り込んでくれました。<br />しかし、本当に必要な情報にたどり着くためには、上手に検索するという検索テクニックが必要とされ、また検索結果も玉石混交なものが殆どで、人間は絞りこまれた検索結果から、さらに人間の手による選別が必要でした。この傾向は現在も変わりありません。</p> <p>Webを構成するHTMLは人間が読みやすいことを前提に、データとスタイルが混同された状態で記述されていました。そのため、機械によるデータの理解が難しく、Googleの技術をもってしても、セマンティックWebを実現することは困難な状態でした。</p> <p><img style="float: left; margin-left: 2px; margin-right: 2px;" title="inserted image" src="/image/inserts/agxzfmhpdG9pcy1hcHByMQsSBFVzZXIiEnNhdG9ydW4uaGl0b2lzLm5ldAwLEg1VcGxvYWRlZEltYWdlGLnAHAw.png" alt="inserted image" width="300" height="225" />セマンティックWebとはデータが機会にも人間にも理解され、それらがリンクされてWeb全体を1つのデータベースとみなすことです。<br />そのためには、適切なマークアップ言語で、秩序を持ったマークアップが行われる必要があります。 GoogleはセマンティックWebを実現することを目標に、情報発信者に対して、秩序のあるマークアップを行うことを呼びかけました。</p> <p>また、研究機関でもWebの情報を最大限に利用するために、セマンティックWebを実現するための研究が行われていました。<br />まず最初に注目されたのが、書籍情報の記述にルールを設け、世界に散らばる図書館の所蔵データを横断的に検索できる仕組みです。<br />図書データの横断的検索に活用されたのが、RDF-XMLでした。XMLでメタデータを作成し、コンピュータで管理することにより、図書の横断的検索を可能にしたのです。 このRDF-XMLをWebにも活用しようという機運が高まりました。</p> <p>BlogではRSSフィードという、画期的な更新情報公開技術が用いられました。RSSはRDF-XMLで記述され、RSSリーダーによって人間にブログの更新を知らせることが可能となりました。しかし、人間に開示されるのはあくまで更新情報までで、そこに何が記述され、どう処理すべきかを判断するには人間の目が必要でした。</p> <p>私はRSSを否定するつもりはありません。私自身RSSを大いに利用しています。しかし、機械が的確に人間に必要な情報を見つけ、より構造化されたWebを実現するためには、HTML自体の進化が必要です。HTMLは完全な構造化データを目指して、XHTMLという段階を経て、HTML5へと進化します。<br />その道筋について、これからこのブログで記述していこうと思います。&nbsp;</p> agxzfmhpdG9pcy1hcHByLAsSBFVzZXIiDWF0LmhpdG9pcy5uZXQMCxIIQWN0aXZpdHkYgICA6PndjQoM He publicado una traducción.:TYRANT29 - Auto Translator 2019-02-17 17:24:44 UTC プラカード。段ボールに、汚く横書きにされた、産廃の文字。付近に掃除機だとか、洗濯機だとか丘のように棄てられている。高校はパンプスのヒールとトウの窪みに丸く、囲まれている。正門からではないと、治安が悪いから、他校の生徒も学祭等の行事がなければ、学校の中とか、体育館の中とかイメージがわかない、学力も平均台で生きているのかと尋ねられる。胸壁がガードレールで覆われていて、私は、リリージュを上の小高い地点からスタートして、正門に突入できたら、雪がふれば、九州の第3都市の、メッカに成れるのにと、思った。ヘルメットを被って登校しなさい。といわれたので、作者は、ヘルメットを被って、さっきの殺気は、また、怖い眼を感じる。不吉なものを、おまえに握らしてやる。と脅迫されて、ちんちんの皮もまた、被ったまま、投稿している。書いてもいい。掻いてはならない、剥いてもいい?瞼を閉じて眠ってしまうと、めくりあげたまま、瞬間接着剤で、乾燥させようか・・・・?といわれる。つまるところ、イメージを伝えてきて、正門とリリージュのメタファクションが、通行止めにする。という。だから、切刃の部分がガ―ドレールで、上に行くと、葡萄の農薬で、白く、打ったばかりのアスファルトの油に、被って、それが、カラスが舐めると、道路で痙攣を起こして、死ぬので、土嚢袋に土をいれて、更に乗せて、2000匹ぐらい、助けてあげてる。教室の窓の外の迫台に30匹泊まっている。朝までいる。9時に、違う、班と交替する。完璧な用心棒の群れ。カラスの頭の上に雀が乗る。微動だにしない。帰る時も、窓の私の机を向いて、がんばってくれているので、警察より心強い。財布を忘れて、昼食を忘れたときに、違う班と交替しないで、48時間。がんばってくれたので、乾燥した、ラムレーズンが、冷蔵庫にあったので、蒔いてあげた。次の日に30匹の頭の上に雀が全部乗っていたので。高校のまわりの鳥達は、殆どの果物の味を知っている。テストの3択が、3匹でやってくれた。入試の日から、乳歯の子を、私は見たから。 agxzfmhpdG9pcy1hcHByLAsSBFVzZXIiDWF0LmhpdG9pcy5uZXQMCxIIQWN0aXZpdHkYgICA6PmplAoM He publicado una traducción. - Auto Translator 2019-02-17 16:51:28 UTC あゆにっきとプチ公約が大変で毎日が忙しいです。気疲れしないようにがんばろっと agxzfmhpdG9pcy1hcHByLAsSBFVzZXIiDWF0LmhpdG9pcy5uZXQMCxIIQWN0aXZpdHkYgICA6JmrmQkM He publicado una traducción.:El futuro donde se pierde la privacidad - Auto Translator 2019-02-17 16:46:09 UTC <p> De vez en cuando, mi jefe contaba una broma que decía: "Si se divulga información personal de todos los seres humanos, no hay información personal", pero el futuro fluirá en esa dirección. <br /> Facebook ya recopila y usa más de mil millones de información personal, y muchas personas usan LINE a pesar de que LINE absorbe la información de la libreta de direcciones de los teléfonos inteligentes en el servidor. </p><p> La información personal ha sido absorbida cada vez más por el SNS, y se ha utilizado en varias escenas. <br /> Estar parado frente a una máquina expendedora puede hacer que presente las bebidas que desea tomar ahora. La información personal sobre ella se está desbordando en Internet. </p> <p> Simplemente al explicar las características de la niña preferida que vio en la ciudad al teléfono inteligente, es posible que pueda obtener información sobre el nombre de la niña y sus amigos. <br /> La información personal no estará disponible para la comodidad del público si intenta ocultarla. Entonces, todos publican información personal en Internet. </p><p> Incluso si la divulgación es limitada, si el servicio utiliza la información personal, será ampliamente utilizada. <br /> Cosas como la privacidad eventualmente desaparecerán. </p><p> Todos se conectan a la red e ingresan información personal para usar el servicio. <br /> Incluso si la información personal ingresada está limitada en la premisa, se usa para muchos servicios y se pierde la privacidad. </p><p> Pero está bien. <br /> Como se mencionó anteriormente, la información personal de todas las personas se perderá, la información personal desaparecerá. </p><p> Ahora que hay pocas personas que publican información personal, existe una gran posibilidad de que estén expuestos al peligro si se hacen públicas, pero si se divulga información personal de todos, el peligro no será tan alto. . <br /> No hay necesidad de ponerse nervioso a la información personal. </p><p> En realidad, los problemas con el uso de información personal utilizando LINE no se han producido en gran medida. <br /> Es la divulgación de información personal que Facebook informa que esta persona podría ser su conocida. Pero eso no es un problema </p><p> Por el contrario, cuanto más trate de ocultar su información personal, menos conveniente será recibir el servicio. <br /> Si desea beneficiarse de TI, solo debe proporcionar información personal por adelantado. </p> <p> En un futuro cercano, casi todas las personas divulgarán información personal en Internet y la privacidad desaparecerá. <br /> Pero, no significa que el crimen aumenta, no hay peligro para el cuerpo. </p><p> Por el contrario, creo que los delincuentes se identificarán fácilmente y se convertirán en una sociedad en la que es difícil que ocurran delincuentes. <br /> Todos son monitoreados constantemente, lo que hace que el comportamiento anormal sea difícil de tomar. </p><p> De hecho, las cámaras de vigilancia en la ciudad continúan aumentando, la información de la cara se está acumulando en el servidor cada vez más. <br /> La información sobre cuándo pasó una persona, cuándo y dónde pasó ya está en uso. <br /> La privacidad ya está perdida. </p> agxzfmhpdG9pcy1hcHByLAsSBFVzZXIiDWF0LmhpdG9pcy5uZXQMCxIIQWN0aXZpdHkYgICA6OmAnAkM He publicado una traducción.:Una entrevista fue publicada en startapp.jp - Auto Translator 2019-02-17 16:36:32 UTC Mi entrevista, que es un desarrollador de hitois, se publicó en startapp.jp que se publicó para difundir la startup al mundo. Este servicio, lo interesante es entrevistarme a mí mismo. Hay un modelo de la pregunta y es atractivo que es bastante fácil escribir artículos. hitois lleva más de 2 años desde el lanzamiento del servicio y parece que se está impulsando si no es una startup, pero creo que es una startup hasta que el usuario supera las 10,000 personas, por favor, perdónenme.