hitois Booksは、hitoisに登録されている書籍を紹介するサイトです。hitoisユーザが出版している本を一覧表示しています。言語での絞り込みなども出来ますので、是非書籍の検索にご利用ください。また、紹介したい著書がある人は、hitoisに参加して是非著書を紹介してください。
  • 新着順
宙のアポリア

宙のアポリア

著者 : もりた毬太
言語 : 日本語
カテゴリ : コミック
「自分の存在」について違和感を持つ主人公・タクマと、突如現れた少女・ソラとの出会いから始まる、「自分たちと世界の在り方」を探す物語!! 大学生の皆上拓馬は、同学年の中川七海に恋をしていた。仲間とともに、普通の大学生活を送る毎日。だが彼には時折、「今いる世界とは違う世界」が見えることがあった。その世界では拓馬と七海はすでに付き合っていて――。それは記憶なのか、それとも空想なのか、悩む拓馬の目の前に、突如、空から降って来た少女。「ソラ」と名乗るその少女は告げた。「この世界は間違っている――」と。「俺が童貞を捨てたら死ぬ件について」「正しいコドモの作り方!」の原作を担当したストーリーテラー・も...
Murderer

Murderer

著者 : thht2a0b0c.hitois.net
言語 : 日本語
カテゴリ : 文芸
Murderer ...
今の世の中暇はしない

今の世の中暇はしない

著者 : thht2a0b0c.hitois.net
言語 : 日本語
カテゴリ : 文芸
主人公とヒロイン達が創っていく物語。笑い有り(?)のラブコメ小説です! ...
「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」を,「小噺」を教材として詳しく解説します。

「しゃべくり漫才台本(ネタ)の書き方」と「オチのつけ方」を,「小噺」を教材として詳しく解説します。

著者 : 藤澤俊輔
言語 : 日本語
カテゴリ : その他
漫才ではなく「小噺」を教材として使うことによって,「しゃべくり漫才の書き方」を文章化することに成功しました。「小噺」はとても短く,「ネタの作り方の全体の構造が分かりやすい」という利点があり,同時に,「小噺」には基本オチがついているので,「オチのつけ方」についての説明もできます。 第1章では前段階の基礎として「普通の会話を漫才にする方法」について説明し,第2章で「小噺の書き方」について解説します。その後,第3章では「漫才台本を洗練する方法」について書いています。...
「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法

「自分たちにしかできない漫才スタイル」を確立する方法

著者 : 藤澤俊輔
言語 : 日本語
カテゴリ : その他
漫才の肝は,「素の自分・素の二人の関係性」です。漫才はコントとは違い,「演じること」以上に「素の自分たちを表現すること」が大切です。「あなた」というのはすでに独特の存在であり,「あなたたち二人」というはなおのこと独特の存在です。そんな独特な二人の会話をベースとして生まれるのが漫才ですから,必ず「二人にしかできない漫才スタイル」を確立することができます。「素の自分・素の二人の関係性」を漫才に「昇華」することさえできれば…...

もっと見る