story thumbail

Gazelle's dream continuation

Author : masaya1978.hitois.net
Category : Horror
There was a drive - in, there was a toilet that we could use jointly, I took off my children 's shorts and used it. Since I graduated from high school I was stuffed, so I wonder where the axis of time to go back to the dentist with my son at 11:20 am now? I felt that the sun that is making sunlight ...
story thumbail

コンパクト

Author : masaya1978.hitois.net
Category : Horror
「知る現実の前に、つまり何も知らないで、漠然的だった日々にいつも戻りたがるものさ」 それがRHXレポートには、もってる、物としてあった。僕はそんな筈がないと思っていたが、兄さんの使うコンパクトという書き方は酸味のきいた食い物のように何度もそれを手にする{目にする}事を強要した。それはレイモンドカバーがもつミクロの世界の話よりも最も日本人に適した綴り方に違いなかった。小さく、とても小さく。僕達はその頃、民宿をやっていて年月が過ぎて風化してバラックになった居城に二人して住んでいて、布団と毛布を持ってやってきてはその遊びについて討論していた。命をかけて文学というものに兄さんは取りかかっているのだか...
story thumbail

TYRANT+

Author : masaya1978.hitois.net
Category : Horror
別にその男を護っているのではない。守護としている心地よい世界観の糧としているのだ。人の話を聞けるということは余白にどう世界を裏付けるかで決まるが、およそ修行は済んでいる謙虚さというものが男にはあった。どれだけも世界とはいわず、自分のまわりの原色の風景に対して、水は清らかに流れるであろう。草木は現実世界にないまどろみの風のなびきかたに揺れるであろう。本屋までの道すがら空を飛んでいく。黒いトーンの空の色に雲の下に隠れていた街が地平線からだんだんと姿を現す。農耕者は昔、風の話を聞けたという。深夜につるはしを奮うその男の頭の中にそれは宿っていた。俺は謙虚さというのはそういう流れの意味あいでしか分らない...
story thumbail

メモ集9

Author : masaya1978.hitois.net
Category : Horror
セダンの黒塗りの自動車が畦道に沿って新設された道路をゆっくりと走っていく。関西から引っ越しの車がとりわけ豪華というのには理由があった。暴行事件という。私は被害者である。レイプ事件とはいまはもう言わなくなった。まだ高校に元気で通っていた頃にそれは起こった。バイト先からの帰宅中に廃線になったJRの倉庫裏で友人がジャージ姿の工業高校の学生に連れていかれるのを見たから、気になって後をつけたのだった。そのすぐに制服を脱がされて下着も脱がされた。そのあとは友人と二人で血だらけになった口元を近くの交番にいってもぞもぞと動かしてなんとかおまわりさんに伝えた。学校には行政もからんだ指示があってのんびりと病院に通...
story thumbail

The long dream of the coming gazelle

Author : masaya1978.hitois.net
Category : Horror
I got a 1000 yen from my mother. It was said that I can not get out of here, in an old plate of old tropics. I knew that the dinner house stands like a fortress rising in the blue sky near the waterfall in front of the river upstream. Or, I said I would like to have dinner gliding together and going...
story thumbail

K prefecture connects to the lower road of the schoolyard of N prefecture and the station is broken apart

Author : masaya1978.hitois.net
Category : Horror
The world looked like a small boxy garden. It was filled and there was a prefab hut with a pot. There was a rusted chain. It was what I got from a fisherman. "If you want more than that" If you want more than that, what is the human introversion of "human beings' introverted towards the mercy"? In o...
story thumbail

The end will return to reality even at BEZERU

Author : masaya1978.hitois.net
Category : Horror
I remember that it was before the hot day of June that permission to let my brother enter into my dream. At that time my older brother wrote the net literature of the gimmick using literature in the library. She seems to come up with a dream that often appears at that time. The machine that shines y...
story thumbail

SORUK nine stars

Author : masaya1978.hitois.net
Category : Horror
特急「あさま」の事です。以前は新幹線でしたが、降格して「テクノ坂城」にも停車します。名古屋から長野まで2時間半で結びます。昔ワゴンにオレンジジュースが乗っけられて 車内販売で売り子にその原液のパーセンテージを伝える。100パーセントだったら確か1000円ぐらいする。日本レストランがやっていたと記憶している。もう一回飲みたい。未来の一杯1000円のオレンジジュース。バルブがハジケタ。どんな味かと、書くと。着色料100パーセントでバヤリースの糖分の化学的なよい風味を凝固させて飲んだ後、舌の色と前歯の色が変わってしまうぐらいのあまさ特急あまさの事です。すいません特急あさまは横川にもテクノ坂城にも昔...
story thumbail

TYRANT+

Author : masaya1978.hitois.net
Category : Horror
ある一人の女性にとって化粧水の瓶の形は象徴的な女としての証だった。僕は最近夢をみている。明るいマンションの一室で女は寝床から起きると化粧台の上においてあるその瓶のシルエットを掌で確認する。油性櫓{ゆせいやぐら}の匂いがついている無線機のトランシーバーがその隣には置いてある。電源を入れてみる。しかし相手のレシーバーがないから、雑音で消えてしまう。定年するまでにいろいろとやっておきたい事があった。石油プラントはもう日本にはこの地区にしかないはずだった。しかしそれも時代の流れで取り壊されて社員全体はプラント砕石工場とセメントの施設に取って替わったのである。色合いで蛍光灯をイメージするのであるならばこ...
story thumbail

TYRANT+

Author : masaya1978.hitois.net
Category : Horror
月光傘は本屋で買った。雨傘であり月の明かりが灯る。柄をもってふんわりと飛び跳ねる。からだごと宙に浮く。そのままじたばたしないとずっと上空で星が近い場所まで連れていってしまわれる。大気の温度が冷えて少し脅えてしまうぐらい空の上まで。だから一旦あがっては杉林の上のいつもの昼寝の幹になんとか降りることが出来たが、上空ですこし柄を強くもって閉じれば落下傘のようにふんわりと地面に降りれるのだ。それを繰り返しながら、コーンポタ―ジスープを夕餉にこさえてやろうと思って、雑貨屋の隣の八百屋までぽんぽんと跳ねていったら、子供達がまっくろな歯でくすくすと笑っていた。本当は猛速度で滑空することも出来るのだ。子供達は...

Please donate to hitois.

hitois is managed by everyone's donation.
Click here for details.